戻る

 

マムルーク朝・年表

 

833年から1250年

マムルーク朝以前

1250年から1382年

バフリー・マムルーク朝

1382年から1517年

ブルジー・マムルーク朝

1517年から1820年

マムルーク朝以後

 


9世紀

833年〜842年

・アッバース朝第8代カリフ、アルムオタスィム、マムルークを購入し、サラッマーに居住させる。

868年〜884年

・イブン・トゥールーン、数万のマムルークを購入し、アッバース朝から独立してトゥールーン朝を開く。


10世紀

975年〜996年

・ファーティマ朝のアルアズィーズ、マムルークを購入する。


12世紀

1187年

・アイユーブ朝のサラーフ・アッディーン、マムルークを使って第四回の十字軍を破る。


13世紀

1218年〜1238年

・アイユーブ朝のアルカーミル一万二千に達するマムルークを購入する。

1241年

・サーリフ、ナイル河のローダ島に兵舎を建築してバフリー・マムルークを養成する。

1245年

・法王インノケンティウス四世、修道士カルピニをモンゴル帝国へ派遣する。

1249年

・フランス王ルイ九世、宣教師ルブルックをモンゴル帝国へ派遣する。

・ルイ九世率いる十字軍がダミエッタへつく。

・サーリフ病死する。

1250年

・ファルスクールで十字軍を撃破し、ルイ九世を捕らえる。

・トゥラーン・シャー、アッサーリフのあとを継ぎ、アイユーブ朝スルタンになる。

・トゥーラーン・シャー、バハリー・マムルークらに暗殺される。

・シャジャル・アッドゥッル、イスラム教史上初の女王となり(第一代スルタン・1250)、バフリー・マムルーク朝はじまる。

・ルイ九世アッカに入城する。

・サーリフのマムルークのアイバク、女王と結婚し、第二代スルタンとなる(1250〜57)。

1253年

・アイバクとアンナーセル・ユースフとの講和なる。

1254年

・ルイ九世、アッカを去ってフランスへ帰る。

1257年

・アイバク暗殺され、ジャジャル・アッドゥッルも殺される。

・アイバクの子・アリーが第三代スルタンとなる(1257〜59)

1258年

・バグダード、モンゴルのフラグに占領される(アッバース朝滅びる)。

1259年

・クトゥズ、第四代スルタンとなる(1259〜60)。

1260年

・アイン・ジャルートにてモンゴル軍を撃破する。バイバルス、サーリヒィヤにてクトゥズを暗殺する。

・バイバルス、マムルーク朝第五代スルタン(1260〜77)となる。

1261年

・アッバース朝系カリフ、バイバルスによって擁立される。

1268年

・バイバルス、十字軍のアンタキヤを攻略する。

1272年

・ヌビヤ王ダーウド、紅海沿岸のアイザーブを襲撃する。

1273年

・バイバルス、ヌビヤ征討軍を派遣する。

1277年

・バイバルス、ダマスカスにて死去する。

・バイバルスの子、バラカが第六代スルタンとなる(1277〜79)

1278年

・法王ニコラウス三世、修道士五人をイル汗国のアバカ=ハーンのもとへ送る。

1279年

・バイバルスの子、サラーミシュ第七代スルタンになる(1279)

・カラウーン、第八代スルタンになる(1279〜90)

1280年

・カラウーン、ダマスカスの太守サンカルをガザに破る。

1281年

・カラウーン・ホムス近郊にモンゴル軍を破る。

1286年

・カラウーン、ヌビヤ征討軍を派遣する。

1289年

・カラウーン、十字軍のトリポリを攻略する。

1290年

・カラウーンの子、ハリール、第九代スルタンとなる(1290〜93)

1291年

・ハリール、アッカを攻略し十字軍シリア全土より姿を消す。

1293年

・ハリール、コウム・タルワジャにて暗殺され、アンナーセル・ムハンマド九歳にて第十代スルタンとなる。

1294年

・キトブカー第十一代スルタンとなる(1294〜96)

1296年

・ラージーン第十二代スルタンとなる(1296〜98)

1297年

・ラージーン、エジプトの検地を行なう。

1298年

・ラージーン暗殺され、アンナーセル・ムハンマド十四歳にて再度スルタンとなる(1295〜1308)。

1299年

・ガーザーン=ハーン、マジュアナ・アルムージュにてマムルーク軍をを破り、ダマスカスを占領する。


14世紀

1303年

・アンナーセル・ムハンマド、ガーザーン=ハーンをサフル草原に破る。

1308年

・バイバルス二、世第十三代スルタンとなる(1308〜09)

1309年

・アンナーセル・ムハンマド二十五歳にて、三度スルタンとなる(1309〜1340)。

1310年

・バイバルス二世、投獄後暗殺され、サラール、獄内にて餓死する。

1315年

・アンナーセル・ムハンマド、エジプトの検地を行なう。

1317年

・ヌビヤにイスラム教徒王、マムルーク政権によって擁立される。

1326年

・イブン・バットゥーダ、アレキサンドリアにつく。

1340年

・アンナーセル・ムハンマド死す。

・アンナーセル・ムハンマドの子、アブー・バクル、第十四代スルタンとなる(1340〜41)

1341年

・クージューク、第十五代スルタンとなる(1341〜42)

1342年

・アフマド、第十六代スルタンとなる(1342)

・イスマイル,、第十七代スルタンとなる(1342〜45)

1345年

・シャアバーン、第十八代スルタンとなる(1345〜46)

1346年

・ハージー一世、第十九代スルタンとなる(1346〜47)

1347年

・ハサン、第二十代スルタンとなる(1347〜51)

1351年

・アル・サーリフ、第二十一代スルタンとなる(1351〜54)

1354年

・ハサン再びスルタンとなる(1354〜61)

1361年

・ムハンマド、第二十二代スルタンとなる(1361〜63)

1363年

・シャアバーン二世、第二十三代スルタンとなる(1363〜76)

1365年

・キプロス王ペトロス一世、アレキサンドリアへ侵攻する。

1376年

・アーリー、第二十四代スルタンとなる(1376〜81)

1378年

・白羊朝、黒羊朝興る。

1381年

・ハージー二世、第二十五代スルタンとなる(1381〜82)

1382年

・バルクーク、スルタンとなり、ブルジー・マムルーク朝始まる。

1383年

・カリフ、アルムタワッキル(一世)をかつぐ反バルクーク陰謀が露見する。

1387年

・エチオピア王ダーウド一世の使節、バルクークを訪ねる。

1389年

・ヤルバガ・アンナーセリー、カイロに入り、バルクークは城砦より脱出。民衆は城砦を掠奪する。

・バフリー・マムルーク朝にハージー二世スルタンに復活する。

・バルクーク、カラクにて挙兵し、スルタンの位を奪回する。

1398年

・ファラジュ十歳にて即位する。

1400年

・ティムール、マムルーク朝のシヴァスとアレッポを占領する。

・ファラジュ、ティムールに敗れる。


15世紀

1401年

・ティムール、マムルーク朝のダマスカスを占領。

1402年

・ティムール、オスマン・トルコのバヤジット一世を捕虜とする。

1405年

・ティムール、オトラルにて死す。

1407年

・アレッポの太守ジャクム・アルアワド独立する。

1408年

・ジャイフとヌールーズ反乱を起こす。

1412年

・ファラジュ暗殺され、カリフ、アルムスタイーン、スルタンとなる。

1413年

・ジャイフ、政敵ヌールーズを殺す。

1424年

・バルスベイ、第一次キプロス征討軍を派遣する。

1425年

・バルスベイ、第二次キプロス征討軍を派遣する。

1426年

・バルスベイ、第三次キプロス征討軍を派遣し、ジャヌス王を捕虜とする。

1433年

・バルスベイ、白羊朝のカラ・ユールクを征討する。

1440年

・ジャクマク、第一次ロードス島征討軍を派遣する。

・グラナダ王、ジャクマクに救援を要請する。

1443年

・ジャクマク、シャー・ルフがカーバにキスワを送ることを承認する。

・第二次ロードス島征討軍を派遣する。

1444年

・第三次ロードス島征討軍を派遣する。

・オスマン・トルコのムラト二世、ヴァルナにてハンガリー軍を破る。

・オスマン・トルコ、コンスタンティノープルを占領する。

1458年

・キプロス島に王位を巡る内乱起る。

1466年

・シャー・サワール、ドルガーデルの君侯となる。

1468年

・ハイル・ベイ、一夜のスルタンとなる。

・白羊朝のハサン・アッタウィール死す。

1471年

・ヤシュバク、シャー・サワール征討に出発する。

1472年

・シャー・サワール、ザウィーラ門にて処刑される。

1475年

・アレキサンドリア在留の外国商人、エジプト商人を人質として本国へ引き上げる。

1478年

・白羊朝のハサン・アッタウイール死す。

1480年

・ヤシュバク、白羊朝ヤコーブの将バーバンダルの捕虜となり暗殺される。

1482年

・オスマン・トルコのジェム、カートベイのもとに逃亡する。

1485年

・ジャーニー・ベイ・ハビーブ和平交渉のためオスマン・トルコへゆく。

・総司令ウズバクの第一次オスマン・トルコ征討軍出発する。

1486年

・グラナダ王、カーイトベイに援助を要請する。

・ウズバクの第二次オスマン・トルコ征討軍出発する。

1489年

・カテリナ女王、キプロスの統治権をヴェニス共和国へ譲る。

・ウズバクの第三次オスマン・トルコ征討軍出発する。

・カーイトベイ、ジャルバーン兵の横暴に手をやき始まる。

1492年

・グラナダのナスル朝滅ぶ。

・マムルーク朝とオスマン・トルコの講和なる。

1497年

・五百騎カーンスワ、三日間スルタンとなる。

1498年

・ジャルバーン兵を各部将に割り当てて預ける。

・アフリカ喜望峰を迂回する東洋航路がバスコ・ダ・ガマによって発見される。

1500年

・ダマスカスの太守カスルーワ独立を宣言する。


16世紀

1501年

・トウマーン・ベイ一世、カスルーワを殺し、在位三ヶ月にして自分も殺される。

・カーンスワ・アルグーリ、スルタンとなる。

1502年

・サファヴィー朝のシャー・イスマイール、白羊朝を滅ぼす。

1506年

・ポルトガル、スコトラ島を占領する。

1509年

・インド、ディウの海戦において、ポルトガルがマムルーク艦隊を撃破する。

1510年

・聖ヨハネ騎士団、エジプト船団を襲撃する。

1511年

・アルグーリ-、エルサレムのキリスト教徒を捕らえ、聖墓教会を閉鎖する。

1512年

・ヴェニス大使トレビザーニ、カイロに来る。

1514年

・オスマン・トルコのセリム一世、チャルドランにおいてサファヴィー朝のシャーイスマイールを破る。

1515年

・ドルガデール朝のアラウ・アッダウラ、オスマン・トルコに殺される。

1516年

・ダービグ草原の会戦、オスマン・トルコの勝利。アルグーリ-戦死する。

1517年

・ラィダーニィヤの戦。オスマン・トルコにマムルーク朝敗れる。

・ワルダーンの戦。オスマン・トルコ、マムルーク朝に勝利。トウマーン・ベイ二世、絞首刑に処され、ブルジー・マムルーク朝滅びる。

1521年

・ジャン・バルディ・アルガザーリー、ダマスカスにて独立を宣言し、スレイマン一世に誅せられる。

1522年

・ロードス島、オスマン・トルコ領となり、聖ヨハネ騎士団、マルタ島へ移る。

1538年

・最後のアッバース朝系カリフ、アルムタワッキル(三世)死す。

1571年

・キプロス島、オスマン・トルコ領となる。


18世紀

1769年

・アリー・ベイ・アルカビール、エジプトの独立を宣言する。

1771年

・アリー・ベイ、シリア征討軍を派遣する。

1773年

・アリー・ベイ捕らえられ、カイロにて死す。

1786年

・オスマン・トルコ、エジプトに対する宗主権を確立する。

1798年

・ナポレオンのエジプト遠征軍、アレキサンドリアに上陸する。

1799年

・ナポレオン、密かにエジプトを脱出する。


19世紀

1801年

・フランスのエジプト遠征軍、エジプトから撤退。

1802年

・オスマン・トルコ、マムルークの弾圧を計る。

1805年

・ムハンマド・アリー、エジプト総督となる。

1807年

・イギリス遠征軍、アレキサンドリアに上陸する。

1811年

・ムハンマド・アリー、詭計によってマムルークを殲滅する。

1812年

・イブラヒーム・パシヤ、ヌビヤのイブリームにマムルーク残存者を攻撃する。

1820年

・イスマイール・パシヤ、スーダンのドンゴラにマムルーク残存者を攻撃する。